FDBmobler

Børge Mogensen

(1914-1972)

Description

1914年デンマーク西部の都市オールボー生まれ、デンマーク王立アカデミー建築家でコーア・クリントに師事し彼の助手としてデザインを学び、マイスターの資格を得る。
同い年で親友のウェグナーとは時に協力し商品を作ったり、競い合うなど、公私ともに非常に親交が深かった。

1942年からはFDB(デンマーク生活協同組合家具部門)のプロダクトデザインマネージャーとして活動し、
「庶民の為の家具を造ってほしい」というFDBからの依頼を受け、簡素なデザインとペーパーコードによる座面という家具の知識がなくても組み立てができる代表作であるJ39をデザインし、
人々に職を確保させるという形でこの依頼を達成した。

1950年にFDBを退職、その後も自身の事務所を構え、FDBで培ったアメリカのシェーカー教の家具を リ・デザインした直線的で力強い家具を数多く制作している。
特にストレージ系の家具に関しては多くデザインし、model145やキャビネットなどが数多く生産されている。

代表作に『J39』『ハンティングチェア』『スパニッシュチェア』などがある。

J52B

Borge Mogensen

J52G

Borge Mogensen

J52D

Borge Mogensen